加齢臭 活性酸素

活性酸素が増えるのはこんな時

活性酸素は、老化や病気の原因となるもので、
生活習慣病の原因の9割はこの活性化酸素が原因と言われています。

 

また、加齢臭も活性化酸素が増加することで、
原因成分である「ノネナール」が生成されるようになるため、
加齢臭予防としても活性化酸素を軽減させることが有効です。

 

活性化酸素は、次のような時に過剰発生します。

 

  • 激しい運動をしたとき
  • 細菌やウイルスに感染したとき
  • 強いストレス状態にある、その常態が続いているとき
  • 紫外線や排気ガスなど大気汚染にさらされている
  • 食品添加物を摂取
  • ダイオキシン、電磁波などの環境要因
  • 喫煙、肥満など

 

参考元:
http://allabout.co.jp/gm/gc/322007/2/

 

 

活性酸素は、体内にある抗酸化酵素が分解してくれますが、
上記のような場合には分解しきれずに体内に残ってしまします。

 

そんな時は抗酸化作用のある成分を含む食品を摂取することで対処しましょう。


 
TOPページ 人気ランキング♪ 加齢臭とは? 柿渋石鹸の効果 お風呂でニオイ対策!